ただいま

はてなブログと料理と悟り(´∀`)

『私はいない』私がいるのは頭の中だけ。考えた瞬間に私が現れる

f:id:kiRaku:20160707233200j:plain

 

こんにちは!

いっきゅうです\(^o^)/

 

今日は、

 

僕が今

いちばん!

 

更新を楽しみにしている

ブログ…

 

タクさんの

『Life is like children playing house. 人生はおままごとのようなもの。』

をご紹介します!

  

 

スピリチュアルの世界が好きで

いろいろ知り過ぎてしまって、

 

もう何が何やら

訳ワカメー!(´Д`) な人に

 

めっちゃおすすめな

ブログです(^^)b

 

 

(というか普通の日常生活を送ってて

悩み事や、何かで考え過ぎちゃってる人にもおすすめ!

だから結局は、みんなにオススメ)w

 

 

今日はその中から、僕がとくに

ハハァッとなった部分をご紹介します\(^o^)/

 

 

タクさん、

とても素敵なブログを書いてくださって

いつも本当にありがとう!(^_-)-☆

 

 

それじゃあ今日も、

レッツ!スタートォ!!

 

 

『私はいない』は、『私は、ない』??

 

 "じゃ「ワタシ」という概念はどうでしょう?


このワタシってどこに在るんでしょうか?


探してみても「ワタシ」ってみつからないんですよね。


身体とか思考とか、そういった起こったことをひとくくりにして、

なんか自分に起こっているような感覚。


でも、よくよく観察してみると、起こっているだけであって、

どこかにワタシってのはみつからないんですよね。


なんていうか概念的にそうとらえているだけの話なんですよね。


そういった概念が、

意識(気づき)の中で起こっているんです。"

 

 

悟りとか

ノンデュアリティ(非二元)の世界に入ると、

 

誰もがいつかはたどり着いてしまう

この言葉、、、

 

 

 

『私はいない』

 

 

 

(初めて聞いた人にとっては、

「は??」ってかんじですよね!!)

 

 

このことが僕も全く

ワケワカメだったんですけど、、、

 

(そんなこと言われても

「えー!ここにおるし!確かにおるし!」って思ってたけど)

 

 

タクさんのブログの

この記事を読んで、

 

なんとな~く分かったような…

 

(もしかしたら全くの見当違いかもだけどね!

そのときはもう笑っときます!がっはっは!)笑

 

 

 

 

 

 

『私はいない』っていうか、

 

     ↓

 

『私は、ない』ってかんじなんじゃないのかな!?

 

 

 

 

 

 

たとえばですよ、

 

何か猛烈にムカついてるときには、

「いま "俺は" 猛烈にムカついている!」って思いますよね?

 

だけどそのとき実際に起きているのは、

「いま猛烈にムカついている!」だけ。

 

 

 

今まで

怒りだったり、悲しみだったり、嬉しさだったり色んなことが、

出来事が、起きてきたことが、

 

私に、起きている】

 

そう思い込んでいたけど、

 

 

(そう勘違いしてたけど?そういうことに

自動的にしちゃってたけど??)

 

 

それらは本当は、ただ、

それらだけが起きている。

 

ってかんじなんじゃないのかなー??

 

 

私がいるのは、頭の中にだけ。考えた瞬間に私が現れる。

f:id:kiRaku:20160708021939j:plain

そして、

強い怒りや悲しみの時とかには特に

 

 

"自分" 今めっちゃ怒ってんねん!!ハラ立つわー!ヽ(`Д´)ノ」

 

 

"私" 今とってもかわいそう…ううぅ。。。(T_T)」

 

 

って

普段より

 

その自分とかってものを付け加えがちですが、

(現しがち?引っ張りだしがち?)

 

 

そんな時とか、

それ以外の時でも

 

 

自分とか、とか、とか、とか」ってものを

引っ張りだしていない時には、

 

ただたんに、シンプルに

起きていることが

起きているだけの状態ですよね!

 

 

そんな「自分とか、私とか、俺とか、僕とか」って、

その時どこにもいませんよね!?存在してませんよね!?

 

 

 

それなのにいつの間にか

そこに、

 

ついつい、

『自分』ってものを足してしまって

 

それらが『私に、起きている』

ってことにしてしまっとる。。。

 

 

それで人は余計に

苦しんでしまっている。。。

 

 

 

頭の中で『私』ってものを考えた時にだけ、

『私』ってものが発生している。現れている。。。

 

 

そういう感じなんじゃないだろうか!って

 

そう、

 

そう思ったんだよ(  ̄ー ̄)v

 

 

本当はない『私』ってものを、あるものとする

f:id:kiRaku:20160708024834j:plain

 

それに、人間は主に言葉を使って

コミュニケーションを取りますよね!

 

そして言葉には主語があるから

会話の都度、

 

(頭の中で考えごとをする

その都度も)

 

 

「私は、俺は、僕は、自分は、」ってものを

付け加えてきたもんだから、

 

いつのまにか

 

本当はない『私』ってものをあるものとして

人間たちは日々生きているんじゃないか。

 

 

この社会は、

その『私』っていう概念をみんなが採用している

(人間たちにだけある)世界のことで、

 


『私』ってのはただの概念、言葉、

後付けなんじゃないだろうか。。。

 

 

おわりに

自分はいないってのは、

時間は存在しないってことと

似てる気がする。

 

自分も時間も、

どちらも人間の世界にだけ

あるもの。

 

人間が作り出して、本当はないものを

あるものとして、みんなで生活しているもの。

 

頭の中に思い出したときにだけ

発生するもの。

 

 

時間はもうどこにでも時計があって、

朝になり夜になり、お昼になればお腹が減ったり、周りのみんなもランチに行ったり、〇〇時にはバスがやってきて、〇〇時には電車が発進したり、〇月〇日は〇〇の日、1秒、1分、1時間、1日、1週間、1ヶ月、1年、などなど…。

 

時間をベースに、この人間社会は動いているから、

時間という便利な道具を、みんなで共用して共同生活しているから、

 

なかなか『無い!』とは

言い難いかもしれないけれど…)

 

 

 

でも実際の実際には、

 

 

 

 

 

 

時間ってないよね。

 

 

 

 

 

 

あるのはいつも、今だけよね。

 

 

 

 

 

 

(今っていうと、過去と未来があっての

その間ってかんじがするけん、

それも言葉にはしづらいけれど)

 

 

 

あるのはいつも、今だけ。

 

目の前の、ここだけ。

 

 

いまここだけ。それだけよね。

 

 

 

そんな時間と同じように、

 

 

『私』ってものも

本当はないんじゃないか!!

 

 

長々と書いてきたけど、

今日思ったのはそんなことでした!(^^ゞ

 

 

ちゃんちゃん!笑

ヾ(* ̄▽ ̄)ノ

 

 

マタネ!

 

 

 

「読んだよー」って印に、クリックしていただけると嬉しいです\(^o^)/

応援よろしくお願いします☆

   ↓     ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ